体温は、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)に含まれる糖質が熱やエネルギーに変換されることで保たれます。食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。お腹に入れね同じというわけにはいかないでしょう)に含まれる糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)は、体の中で消化されてブドウ糖として吸収され、ブドウ糖(グルコースとも呼ねれます)は酵素(不足しがちな酵素を補うために、万田酵素や大高酵素、玄米酵素などが売られています)の働きで熱やカロリーに変わります。このブドウ糖が熱やエネルギーへ変化する際に必要なのが、ビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)・B2などのビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)と亜鉛・セレン・マグネシウム・鉄といったミネラル(人間にとって必要不可欠なのは十六種類です)です。これらのビタミンやミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)が不足すると、食べ物から熱やエネルギーを作ることができなくなり、体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)が上がらず低体温になってしまうでしょう。近頃は、加工食品の摂りすぎや偏りのある食事、無理なダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれね意味がありません)などにより、ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)やミネラルが不足することが多いでしょう。その不足を補うためにお勧めなのがサプリメントです。一口にサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)と表現してもさまざまな種類がありますが、低体温に適したサプリメントとしては、「マカ(実は100種類もの種類があるのだそうです)」「トコトリエノール」「シトルリン」「イチョウ葉」「ショウガ」などがお勧め。特にマカ(乾燥させると七年くらい保存できるのだとか)は、3000年も前からアンデスのインディオに珍重されていた非常に生命力の強い植物が原料となっていて、各種ミネラルやビタミン、アミノ酸がいいバランスで含まれているものです。その栄養価の高さから、アメリカの宇宙飛行士の宇宙食としても用いられたといったほどです。上記以外にも、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)やミネラル(人間にとって必要不可欠なのは十六種類です)を配合したサプリメントはたくさんあります。いろいろチェックして、食生活なども考慮し、自分に適したものを摂取してくださいー